【デスクワークの方必見】なかなか治らない頭痛の症状を和らげる方法

健康

誰しも一度は経験のある頭痛。あなたも慢性的な頭痛に悩まされているのではないでしょうか。その要因はいくつかあると思いますが、長時間のデスクワークもその一つですよね。

慢性的な頭痛に悩まされている方の中に、目の疲れや肩こりを自覚している人も多いのではないでしょうか。そのような頭痛を「緊張性頭痛」といいます。

座りっぱなしの姿勢が長時間続くと、筋肉が凝り固まって血流も悪くなります。それが要因となって頭痛を引き起こすわけです。予防するためにはこまめに水分を摂ったり、ストレッチをして筋肉をほぐすのが良いですよ。

慢性的な頭痛にはコレ!しつこい頭痛の症状を和らげる飲み物徹底検証

まず、頭痛を引き起こすときには体内の水分量が足りていない場合もあります。こまめに水分を摂ることが予防の第一歩ということですね。

カフェインは血管を収縮させる働きがあるので、コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなどがおススメです。カフェインは頭痛薬に含まれていることも多い成分なので効果的だと思います。ただし、飲み過ぎは逆効果になる場合もあるので注意してくださいね。

その他には、豆乳・生姜湯・飲むヨーグルト・リンゴジュースなどにも頭痛を和らげる効果が期待できるようなので、飲み物を選ぶときには意識的に飲んでみるのも良いと思います。

頭痛を和らげるにはコツがあった!すぐに真似できる体勢を詳しく解説

頭痛の予防にはこまめな休息やストレッチも効果的なのですが、デスクワーク時の姿勢を工夫するだけでも改善が見込めるんです。

長時間パソコンを使用している方はディスプレイをやや見下ろす高さで座ってみてください。腕は机か椅子の肘掛けに置いて固定しましょう。無理のない姿勢を心掛けることで首・肩・背中への負担が軽減されるので頭痛が起こりにくくなりますよ。

休息を取るときにはリラックスのできるストレッチをしてみましょう。

  1. 肘を軽く曲げて胸のあたりまで上げる
  2. そのまま両肩をぐるっと前に回す
  3. 続けて後ろにぐるっと回す

1.~3.の動きを交互に10回ほど繰り返すだけで肩甲骨がほぐれます。

これなら座ったままでもできるので良いですよね。首をゆっくりと前後左右に回したり、両手を組んで頭上に伸ばすのもスッキリするのでオススメです!!

まとめ

どれも簡単なことばかりなので日常の中に取り入れやすいと思います。起こってしまうとツライ頭痛ですが、日ごろの予防と早めの対処で、少しでも和らげられるように心がけてみてください。