ブラック企業?!退職したいのに辞めさせてくれない!そんなときの退職代行サービスがあるらしい

コラム

最近は「退職代行サービス」っていうのがあるんですね。

会社を辞めたいのに、さまざまな理由で退職することができない。そんなあなたに変わって、会社に退職の手続きをしてくれるんだそうです。

まあ便利な世の中になったと言うか、なんだか寂しい気もしますが。

でも今の時代ブラック企業もあるし、パワハラがひどかったり、残業代が出なかったり、職場の人間関係に悩まされたり、忙しくて人手が足りなかったり、管理職などの立場だったり、知人の紹介で入社してたり、退職したくても言い出せない、言ったとしても認められない状況は、たくさんありますよね。

そんな時にあなたと会社の間に入って、あなたが円満退職できるように手続きやらなんやらを代行してくれるサービスです。

サービスは何社かあるみたいですが、料金は大体どこも50,000円ぐらいですね。ちょっと高いなと思いましたか? わたしは意外に安いと思いました。だって今すぐ辞めたいほどの職場環境で心身を蝕まれるぐらいなら、手切れ金代わりに50,000円払ってでも、さっさと次の職場に転職した方がいいですからね。

あなたは「退職代行サービス」に申し込むだけで、もう会社に行かず、嫌な人間に会うこともなく、肉体的苦痛や精神的苦痛から解放されるんです。

でもそれって会社からしたら、全然おもしろくない話ですよね。あなたから直接辞表を出されるわけでもなく、いきなり見も知らない「退職代理サービス」があなたを退職させろと言ってくるんですから。

そうなると当然、会社と「退職代行サービス」間でトラブルになる可能性もあるわけです。

「退職代行サービス」は民間でやっている所が多いですけど、トラブルが起きたときのことを考えると、弁護士がやってる「退職代行サービス」がいいですね。

それに弁護士の方が、退職手続きだけでなく、例えば給料の未払い、残業代の未払い、退職金の請求なんかにも対応してくれるので、よりブラックに近い企業であるほど弁護士のほうがいいです。ブラック企業も相手が弁護士だと割と引き下がりますし。

わたしも今まで何度か退職&転職の経験がありますが、すべて自分で退職願いを出して受理されてきました。運が良かったんだと思います。

でも現代では、すんなり退職届を受け取ってもらえないケースも多くなってきているのでしょう。取り返しがつかなくなる前に、退職したくても辞めさせてもらえない人にとって「退職代行サービス」は救世主です。

⇒ 弁護士の退職代行サービスとは?