「え!?私の体脂肪率高すぎ!?」女性の平均値を年齢別に解説!

健康

体重はほとんど変わらないのに、最近見た目が変わってきたなぁ…ということはありませんか?そういえば以前に比べてお腹に脂肪がついてきたような気も!

年齢を重ねるにつれて、代謝はどんどん少なくなっています。今までと同じように活動していても、同じように食べていれば代謝が少なくなっている分、代謝されなかった脂肪は身体に蓄積されていくのです。

年齢別に女性の体脂肪率の平均値を見てみましょう。

・20~30代 : 21~34%
体力が必要な時期です。無理なダイエットは極力控えましょう。

・40~50代 : 22~35%
健康に意識を持つ時期です。間違った健康法に注意が必要です。

健康のためには食事の量を減らすよりも運動することが大切です。一駅分歩いてみたり、座っている時間を減らしたり、なるべく階段を使ってみたりと無理のない範囲で身体を意識的に動かしましょう!

体脂肪率って結局何%がちょうど良いの!?女性の理想の体脂肪率は◯%!

気になる体脂肪率。一体何%がちょうど良いのでしょうか?

体脂肪率とは体重にどれだけ体脂肪が占めているかという割合のことです。健康的な体脂肪率の目安は、女性は20~29%になります。ちなみに男性は10~19%。女性より低いです。

体脂肪率が30%以上になると軽度肥満、35%以上で中度肥満、40%以上で重度肥満になります。

ご自宅にある体重計は、体脂肪率を測定できるものが多いと思います。体脂肪率はとても変動しやすいので、測定するときは食事をして2時間以上経ってから、またなるべく同じ時間に測定するようにしましょう。

体脂肪率が気になる女性 必見!理想の体脂肪率の計算式はコレ!

そうはいっても見た目を綺麗にするためにはもっと体脂肪率を落とした方がよいのでは…と思う方もいらっしゃるかもしれません。
体脂肪を落とすだけでなく、筋肉をつけて健康的な身体を手に入れたい方も多いでしょう。美しい腹筋も多くの女性の憧れです。

実際体脂肪率が20%前半になると、身体の形にかなりの変化が現れます。10%前後になると、さらに筋肉質な身体になります。

しかし、体脂肪率は低ければいいということは決してありません。もちろん高すぎると見た目だけでなく生活習慣病や腰や足を痛める元になります。けれども逆に低すぎてしまうとホルモンバランスを崩したり、免疫力が低下したり、将来的に骨粗しょう症になってしまう可能性があるのです。

見た目はほどよく柔らかで適度に引き締まった健康的な身体を理想的とするのなら、理想の体脂肪率は20%~29%をおすすめします。

理想的な体脂肪率の計算式は次のようになります。※女性の場合

( 1.20 × BMI )+( 0.23 × 年齢 )- 5.4

BMIとは肥満や痩せなどの目安となる数値で、

体重kg ÷( 身長m × 身長m )の式で数値を出します。

少しややこしいですが、35歳・身長160cm・48kg の女性の場合

BMIは、48 ÷( 1.6 × 1.6 )= 18.75 となり、
理想的な体脂肪率は、( 1.20 × 18.75 )+( 0.23 × 35 )ー 5.4 = 25.15 %になります。

まとめ

ダイエットには何よりも重要な体脂肪率ですが、低ければ低いほどよいということはありません。体脂肪も健康な身体のためには必要なものです。

理想的な体脂肪率を知り、適度な運動も行って健康的な身体を将来のためにも維持するように心がけてみてください。