散歩の効果は健康にいいだけではない!?精神的にもリラックス!

健康

散歩はいい運動になりますし、健康にいいことは知られていますよね。
実は、散歩は精神的にもいい効果があると言われています。

身体的にも精神的にもいいとされている散歩。でも、具体的には一体どんな効果があるのでしょうか。
ここではそんな疑問を解決していきましょう。

散歩にはどんな効果があるの?効果があらわれるために必要な時間は!?

とても手軽なのに散歩にはたくさんのいい効果があります。
どんな効果なのか、いつそれが現れるのか気になりますよね。
まずは散歩にはどんな効果があるのか、さっそく紹介していきますね。

運動不足の解消

まずは何といってもこれ、運動不足の解消ですね。
しっかり歩くことで、足の筋肉を使ってあげることができます。
基礎代謝も上がりますし、ダイエットのお供にもいいかもしれませんね。

ビタミンDをつくる

紫外線は悪いもの、たしかにそういう面もありますが、いい面も実はあるんです。
適度に紫外線を浴びれば、ビタミンDが体の中で作られます。
ビタミンDは免疫向上、カルシウムの吸収を助けるなど色んな効果がある大切な栄養素です。
外を歩いているだけで免疫力がつくなんて、いい効果ですよね。

アンチエイジング

散歩をすると、血流がよくなって酸素や栄養が効率よく運ばれるようになります。
適度に歩くことは、足で古い赤血球を壊してあげることにもつながるので、新しい赤血球をつくるきっかけにもなるんです。
散歩では、老廃物の分解も早くなるので、これもアンチエイジングにつながりますよ。

精神が安定する

さて、特に気になる精神面の効果です。
散歩をすると、”セロトニン”という幸福を感じる脳内物質が出てきます。
また、自律神経が整うので、リラックス効果もあります。
自律神経が整うことによって、不眠症が改善されることもあります。
幸福度が上がって、リラックスもできる。
ぶらぶらと歩くだけでも精神面にこんなにいい効果があるなら、試してみたくなりますよね。

 

いい効果があるといっても、それらはいつ現れるのでしょうか。
ダイエットや健康志向の効果を期待して週2〜3回程度の散歩をするとしたら、早い人なら2週間程度、人によっては3ヶ月程度かかる人もいるでしょう。

イメージより遅いという方もいるでしょうが、散歩は運動の強度としては弱い部類に入ります。
気長に効果が出るのを待って散歩を継続的にしていきましょうね。

散歩の効果は朝と夜とで違う!夜の散歩のメリットとは!?星空を楽しみながら散歩をしてみよう!

散歩の効果は朝と夜とでは違います。
夜に散歩をするのは、何がいいのでしょうか。

まず、夕食後にするときは、ダイエット効果があります。
夜はごはんをたくさん食べちゃいますよね。
そうすると、本来ブドウ糖が余って脂肪に変わっちゃうのですが、散歩をすれば余った分をエネルギーとして使うことができるので、ダイエットになるわけです。

また、就寝前に散歩をすれば睡眠の質を高められます。
散歩をすると、体温を上げることができます。
すると、帰宅して少し休んでから寝れば、体温が下がるとともに眠気がやってきて、寝つきのいい睡眠をとることができますよ。

自分の生活に合った散歩ライフを

ここまでで、散歩には朝でも夜でもいい効果があるとわかってもらえたでしょうか。

朝に時間がある方、夜に時間がある方など色んな人がいると思いますが、ぜひ自分の生活習慣に合った、ストレスにならないように散歩を取り入れてみてください。