「え!?熱中症って犬もなるの?」知っておきたいもしもの対策

ペット

大切な家族である愛犬も、条件がそろえば人間と同じように熱中症になります。

犬は人間と違い汗をかかない動物です。温度調節をすることが難しく、また人間よりも地面との距離が近いため、体感温度は人間以上に暑く感じます。

そして、体温をうまく下げることができずに全身の働きが低下していくと、熱中症になってしまうのです。

愛犬をそんな危険な目に合わせたくないですよね?
犬の熱中症は、飼い主さんが気を付ければ防ぐことが出来ます。

ここでは愛犬を熱中症にならせないための対策をご紹介します。

1.早朝や夜、涼しい時間帯を見計らって散歩させる
炎天下のアスファルトの温度は60℃近くにもなっています。熱中症だけではなく、足の肉球のやけども心配です。
犬を散歩させる時は、路面の温度が十分に下がっている時間にしましょう。

2.車内に犬だけ置いていかない
人間の赤ちゃんや子供にもいえることですが、車内に置いていくのは非常に危険なことです。たとえそれがほんの少しの時間であっても、車内の温度はすぐに急上昇します。窓を開けたりしても温度は上がります。絶対に置いて出ないようにしてください。

3.水を用意しておく
清潔な水を十分に飲めるように、いつも用意しておきましょう。

4.室内は風通しをよくさせる
飼い主さんがご自宅にいる場合は様子を見ながら室温調整することができますが、犬をお留守番させる場合には家の中ではクーラーで室温調節をしたり、風通しの良い日陰になる場所を用意してあげてください。
特に、熱中症ときくと外でのお散歩で気をつければよいと思いがちですが、家の中でかかる熱中症は7割と外よりも高いのです。
家の中でもぜひ熱中対策を心がけてください。

熱中症の愛犬の症状徹底解説!もしもの時はこう対応すべし!

それではもし気をつけていても、愛犬が熱中症にかかってしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

続いて、犬に熱中症の症状が出てしまったときの対策についてご紹介します。

犬の具合が悪くなってしまうと、すぐに病院に連れて行かなければ、という気持ちになると思います。もちろん病院に連れていくことは正しいのですが、病院に到着するまでには時間がかかってしまいます。

飼い主さんがやることは、まずは犬に応急処置を行って、その後にすぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

応急処置としてすることは、次のとおりです。

1.涼しい場所に移して十分に換気を行う
2.水が飲めるようなら飲ませてあげる
3.口の中のよだれをぬぐう
4.冷たい水で身体全体を冷やす
5.もし意識がない場合には、頭を氷で包む
6.体温をはかり、39.5℃以下にさがったら冷やすのをやめる

犬が熱中症になると、体温は41~42℃になり舌の色が鮮紅色や紫色になります。そしてショック症状を起こして死にいたることもあるのです。

熱中症の症状が出てから応急処置をするまでの早さはとても重要です。愛犬が熱中症のサインを出していたら、すぐに応急処置をして病院へ行きましょう。

これで安心!犬&人間の熱中症対策グッズまとめ

熱中症予防対策として、いまは様々なグッズが販売されています。
愛犬を怖い熱中症から守り、さらに快適な生活を届けられるグッズをまとめてみましたので参考にしてみてください。

大理石ひんやりマット
大理石を使用したマットです。保冷剤を中に収納してあるので大理石を長時間冷やしてくれます。保冷剤を取り外すこともでき、お手入れも簡単です。

接触冷感ブランケット
裏面はパイル地で表面はひんやり感を感じるペット用のブランケットです。折りたたんで使用したりと幅広い用途に使えます。

ひんやり涼感マット
ジェルで作られたマットです。接触するとひんやりと感じられます。濡れた布でふいたり丸洗いも可能なのでお手入れが簡単です。

ひんやりクールアルミプレート
水も電気も使っていないので安全に使用することが出来ます。アルミでできているので汚れもつきにくく、お手入れも簡単です。

スワンプクーラークーリングベスト
犬の体温上昇を抑えてくれるベストです。運動時にぬらしたベストから水が蒸発するときの気化熱を利用し、犬の身体を冷やします。

バグガードクールネックバンダナ
人間用のものもよく売られているのを見かけますが、犬用の冷感機能のあるバンダナです。繰り返し洗濯をすることもでき、通気性、蒸れにくい付け心地です。

お散歩ハンディシャワー
ペットボトルに取り付けるだけでシャワーになったり水飲み用の受け皿にもなり、大変便利です。暑い季節や遠出をする時にも安心です。

クールミスト
適量を直接地肌にスプレーすると爽やかなひんやり感が持続します。わきやお腹にスプレーすると効果的です。

ドッグプール
折りたたみができるペット用のプールです。プールの底に排水用の穴がついているので、利用後はすぐに水を排出できます。

Panasonic ネットワークカメラ スマ@ホーム
左右360度、上下90度を見渡せ、スマートフォンを使って声をかけたり部屋の様子を録画することも出来ます。外出先から自宅の温度を確認することが出来ます。

まとめ

犬は人間よりも暑さを感じ、体温調節も苦手な動物です。具合が悪くなっても言葉で訴えることはできませんので、飼い主さんが気にかけてあげましょう。

早めの対策が大切です。

グッズも上手に活用しながら愛犬と夏を乗り越えてください。