鏡開きっていつ!?お餅はどうすればいい?美味しく食べる方法をご紹介

マナー

お正月の終わりにおこなう『鏡開き』について、「いつするべきなの」「開いた後のお餅はどうするの」といった、あなたのお持ちのその疑問をこの記事で解決していきましょう!

お正月の鏡開きはどうすればいい?いつ行う?疑問を一気に解決しよう!

そもそも鏡開きとは何なの、と私はふと疑問に思い調べてみて分かったことを以下の通りに解説していきます!

鏡開きの意味

さて、お正月に飾った鏡餅を松の内が過ぎてから下げて食べることを鏡開きと言うのですが、なぜ『開き』と言うのか気になりませんか?
元々武士の家からこの行事が始まったのですが、鏡餅は神様がいらっしゃった食べ物です。
神様の魂が宿っているとされるお餅を食べることでその年に家族が無病息災でいられるための力を授けてもらうのがこの行事なのです!

そんな鏡餅を刃物で切ることは神様を斬ってしまうという罰当たりなことをすることとなり、そこから切腹をするという意味に連想されました。
刃物が使えないので代わりに手や木槌で割って食べることとなりましたが、『割る』という表現がなんだか縁起悪いなぁと捉えられたので、末広がりという意味を持つ『開く』が使われるようになり、『鏡開き』という言葉になったのです!

鏡開きの時期

鏡開きがおこなわれる時期はどうやら地域によって異なるようで関東では1月11日に、関西では1月15日または20日になります。

関東では元々1月20日に鏡開きとしていましたが、徳川家光が4月20日に亡くなったことを受けて月命日におこなうのは良くないとして1月11日に変更されたそうです!

鏡開きでのお餅の割り方(開きかた)

現在では鏡餅の形をした容器の中に個包装の餅がいくつか入っているものを見かけますね?
そういったものを使われている家庭だと『鏡開き』=『個包装の餅の袋を破いて開く』という意味に子供たちが勘違いしそうですね…。

私自身、幼い頃はよく祖父母が手作りの鏡餅を木槌で開いていたのを見ていました。
しかし、年ということもあって木槌で開くということが難しくなり、いつの日か一般に売られているような個包装の餅をいただくようになってしまいました…。
と私の思い出を少し語らせていただきましたが、ここで本来の鏡餅の開きかたをお教えします。

まず乾燥した鏡餅を木槌で少しずつ叩くことでヒビを入れていきます。
ヒビが入ったのを確認してから強めに叩くと弾けるように割れるのですが、よく乾燥していないとうまく割れません。
「どうしてもうまく割れない」という場合は餅を半日水に浸けてから耐熱容器に入れます。
電子レンジにかけて柔らかくなったら手でちぎって食べられるのですが、ここではやけどに気をつけてくださいね。

鏡開きはおしるこで♡おいしいおぜんざいのレシピをご紹介!

それでは鏡開きで開いたお餅ですが、何にして食べようかな、とお悩みかと思います。
開いた後は一口サイズに小さくなっていると思いますが、私はよくおしるこに餅を使って食べています。
ところであなたは『おしるこ』と『ぜんざい』の違いをご存じでしょうか?
それらの違いは関東と関西で異なっており、

  • 関東では汁気のあるものを『おしるこ』、汁気のない餅に餡(あん)を添えたものを『ぜんざい』としている
  • 関西では共に汁気のあるものだがこしあんを使ったものは『おしるこ』、つぶあんを使ったものは『ぜんざい』となる

と、意外な事実があったのですが、あなたはどちらの地域でどちらを食べていますか?
ここでは関東地方に沿っておいしく食べられる『おしるこ』と『ぜんざい』のレシピをお教えしちゃいます!

おしるこ(関東バージョン)

≪材料≫
・小豆 250グラム
・水(アク抜き用) 1リットル
・水(おしるこ汁用) 1.25リットル
・砂糖(てんさい糖) 160グラム
・塩 ひとつまみくらいの量

≪作り方≫
①小豆を袋からザルに移して水で優しく洗い、圧力鍋に入れてアク抜き用の水を入れます。
②フタをせずに火にかけて、沸騰したらアク抜きをしていきます。
③アク抜きが終わったらザルの上に小豆を移してお湯を捨てます。
そこで鍋にアクが残っていたら洗って取り除きます。
④再び小豆をザルから鍋に移しておしるこ汁用の水を入れたらフタをして15分加圧し、火を止めて圧が下がるまで置いておきます。
⑤再び鍋を火にかけて、砂糖を2、3回に分けて加えます。
⑥ちょうどよい甘さになったら塩をひとつまみ入れて完成です!

ぜんざい(関東バージョン、汁気なし)

≪材料≫
・小豆 1カップ
・砂糖 3/4カップ
・塩 小さじ1/4カップ
・切り餅 8個

≪作り方≫
①小豆を洗って鍋で水に浸けて中火で火にかけて、沸騰したら茹でこぼして水を変えます。
②ペーパータオルでフタをして再び火にかけて沸騰させ、弱火で煮込んで小豆がお湯から出ないように(ひたひたになるくらいまで)水を足したり汁を捨てたりします。
③小豆が柔らかくなったら砂糖を加えて一煮立ちさせます。
その後フタをして火を止めて一時間置いて冷まします。
④再び火にかけて塩を加え、味を引き締めます。
そして焼いたお餅を器に乗せてその上にかけて完成です!

まとめ

鏡開きとお餅について書かせていただきましたが、

  • 鏡開きは地域で違い、関東は1月11日、関西は1月15日または20日に行われる
  • おしることぜんざいも関東では汁気のあるなし、関西ではこしあんかつぶあんかで何を基準にするかも異なる

というなかなか知らなかった事実があったのかと思います。
あなたはこれで鏡開きをするときの疑問が解決できたでしょうか?
ぜひ鏡開きで神様からのご利益をいただいて、家族の無病息災を願ってよいお年にしましょう!