引っ越し挨拶の常識!?こんな時間の訪問は迷惑かも!?

マナー

新しい場所へ引っ越す時は、期待もありますが不安ももちろんありますよね。

近所の人はどんな人たちで、上手くやっていけるかどうかなど不安はつきません。

そこで、今回は引っ越したときのご近所さんへの挨拶の仕方や、持参する品に付けるのしなどについて説明します。

まず、引っ越しの挨拶をする時間帯ですが、早朝や暗くなる夕方以降はやめましょう。

朝は忙しいですし、暗くなってから伺うのも失礼なので土日の午前10時から午後4時くらいをめやすに訪問しましょう。

もし、土日に会えなければ平日に伺うのがいいと思います。

引っ越し挨拶の品にのしは必要?正しいマナーを分かりやすく解説

引っ越しの挨拶の時には、何か品を持参しますよね。

好みなどは分からないので、消耗品などが多くなると思います。

そこで疑問に思うのは、のしは必要なのかということです。

土地柄や年齢にもよりますが、昨今ではのしはつけなくてもよいという流れになってきています。

軽くリボンをつけたりして、ラッピングがしてあれば十分なようです。

しかし、先ほども言いましたが土地によっては、付けた方がよい場所もあるので知り合いがいれば先にリサーチしておいたほうがいいです。

もし、のしを付けるのであれば、蝶結びの水引を選びましょう。

そして、表書きは上段中央に“御挨拶”または“粗品”と書き、下段中央には贈り主の名前を書きましょう。

名前は上段の文字よりも少し小さめに書きます。

書く際は、黒墨の毛筆や筆ペンで書くのがマナーとされています。

引っ越し挨拶の時に何を喋ればいい?好印象を与える言葉を紹介

引っ越して初めて挨拶に行くとき、どんな話をしたら良いか悩みますよね。

そんなときは、相手の様子を見ながら自分がどこに引っ越してきたのかを話し、よろしくお願いいたします程度でいいと思います。

話が苦手な人や、時間がない人であれば会話は終わると思います。

話好きの人であれば、相手側から何か質問してくると思いますので、適度に質問に答えましょう。

ここで大事なことは、印象を良くしたいということです。

初対面で緊張すると思いますので、話が苦手な人は笑顔でいることを心がけましょう。

それだけでも、だいぶ印象が良くなります。

まとめ

今回は引っ越しの際の挨拶についてや、持参する品ののしについて説明しました。

引っ越しは環境が変わり、ただでさえ不安ですよね。

紹介した事をいかして、少しでも不安が解消されるとうれしいです。