引っ越しするなら知っておくべき!失敗しない挨拶や品物とは!?

マナー

引っ越しするときって何かとやることが多いですよね~!
私は過去に5回ほど引っ越しの経験がありますが、最初は引っ越しに関してわからないことが多く大変でした…。

その中でも初の引っ越しで調べまくったのが、引っ越しの挨拶についてでした。

こちらでは今必死に引っ越しの挨拶について調べているあなたに、引っ越しのあいさつでは何を持っていけばいいのか、挨拶はいつ行けばいいのか、どんなあいさつの仕方をすればいいのかをご紹介していきます。

引っ越しの挨拶にのしは必要?これで安心!引っ越し挨拶徹底解説!

粗品は消耗品がおすすめ!

引っ越しのあいさつで持っていく粗品は消耗品がおすすめです!

私はちょっといい箱ティッシュや洗剤、日持ちする焼き菓子などをいつも挨拶へ持っていってました。

最近ではアマゾンのギフト券をあいさつの品にもっていく人もいるみたいですね。
若い世代には喜ばれることが多いですが、年配の人には良く思われないようなので注意が必要です。私はアマゾンギフト券貰ったら嬉しいですけどね。

外のしが必要

引っ越しの挨拶で渡す品には、のし紙をつけます。

のしというのは内のしと外のしがあり、内のしはのしをかけたらさらに包装紙で包み、お中元やお歳暮として相手に送るものです。

外のしは手渡しで渡すギフトに使われ、包装紙の上にのしをかぶせるものです。

のしの書き方

のしには自分の名前と、どのような目的でその品物を送ったかを書きます。

引越しの挨拶の場合には「ご挨拶」や「粗品」などと上半分に書き、下半分には自分の名字を書きましょう。

もちろん、縦書きです。

のしはどこで手に入れる?

のしはネットでダウンロードして自分で印刷する方法もありますが、お店でのしを付けてもらうこともできます。

私は人生で初めて引っ越しの挨拶をすることになったときに、百貨店であいさつの品を買い「のしつけてください」とお願いしました。

店員さんにはのしをつける目的と名前を聞かれるので「引っ越しのあいさつで使いたい」ということと、自分の名字を伝えれば少し待つだけでつけてくれます。

そのため、はじめて引っ越しの挨拶をする場合にはこの方法がおすすめです。

これでもう迷わない!引っ越し挨拶の時間と言葉の文例紹介

挨拶には引っ越し前に行こう

挨拶は引っ越し前にできれば行きましょう。
引っ越し当日という手もありますが、引っ越し当日というのは思っている以上にバタバタします。

荷物を部屋に入れてもらっている間にあいさつに行こうと思うかもしれませんが、引っ越し会社の人に「これはどうしますか?」「じゃあこれは?」などと確認されることが多いです。

また、荷物を部屋に入れるためにトラックと部屋を何回も作業員が行き来しますね。

すると、すでに住んでいる住人に迷惑をかけてしまう可能性があります。

事前に挨拶されていれば「仕方ない」で済まされることが多いですが、知らされていないとあまり気分良く思われない可能性が高いです。

そのため、できるだけ引っ越しの何日か前に挨拶へ行きましょう。

挨拶はどこまでする?

引っ越しあいさつは自分の上下左右の部屋にしましょう。例えば303号室に住んでいるなら403、203、302、304にすることになります。

上の階の方には「下の階に引っ越すので、足音にご配慮お願いします」下の階の方には「上の階に引っ越すので、足音には十分気を付けますがご迷惑をかけてしまったら申し訳ありません」といった意味合いがあります。

左右の場合にはマンションやアパートの作りや規模にもよるかもしれませんが、ドアの開け閉めや洗濯する音が聞こえやすいのと、これから先顔を合わせることがあるのでその際にびっくりさせないためです。

相手が不在の時はどうする?

引っ越しのあいさつに行って、相手が不在の場合には、また挨拶へ行きましょう。

それでも不在の場合にはお手紙を投函するので十分だと思います。

相手が不在なことはよくあります。
私は同じお宅へ4回ほどあいさつに行ったことがあります。

生活リズムが合わないこともありますが、一人暮らしの女性や、近隣住民と交流を持ちたくない人は知らない人がインターホンに写っていても居留守を使うことがあるようです…。

そのため、引っ越しのあいさつは2~3回程度にしておき、不在の場合にはお手紙をポストに投函しておきましょう。

あいさつ例文

① 引っ越し後に挨拶に行く場合のあいさつ文

はじめまして。
先日○○号室へ引っ越してまいりました○○(自分の名字)と申します。
引っ越しでご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
よろしければこちらのお品お使いください。
これからよろしくお願いいたします。

② 引っ越し前に挨拶に行く場合のあいさつ文

はじめまして。
○月〇日にこちらに引っ越しすることになりました○○と申します。
引っ越し当日はご迷惑をお掛けしてしまうかと思いますが、
ご理解いただければと思います。

ささやかですが、ご挨拶の品をお受け取りください。
今後よろしくお願いいたします。

まとめ

引っ越しのあいさつでは何を持っていけばいいのか、挨拶はいつ行けばいいのか、どんな挨拶の仕方をすればいいのかをご紹介しました。

あいさつの品は消耗品がおすすめで、のしは外のしに名字を書いて渡します。

できれば引っ越し前に挨拶に行きたいところですが、住人が不在だったり自分の都合が合わない場合には引っ越し後に行きましょう。

何度か尋ねても不在の場合には、お手紙を投函し玄関先やドアノブに粗品をかける方法もありです。

以上のことを実践すれば、快くご近所さんに受け入れてもらえるはずです。
頑張ってくださいね。