子供だけじゃない!大人も楽しめるドラえもん映画のおすすめ10選

エンタメ

ドラえもんの映画といえば、子供がみる物だと思っていませんか?

大人も感動したり楽しめる映画がたくさんあるんです。ドラえもん映画は子供だけではなく大人が観ても十分楽しめますよ。

今回はドラえもんの映画と主題歌を中心に紹介していきます。

気にしたことがないかもしれませんが、主題歌も意外と大人向けの物があるので最後まで読んでみてくださいね。

大人も楽しめるドラえもんのおすすめ映画を10本

① のび太の恐竜

初めてのドラえもんの映画です。
恐竜ピー助との友情物語ですが、優しすぎるのび太に何も言えないジャイアン・・・。
ピー助とのび太のラストシーンは大人もグッときます。

② のび太の海底鬼岩城

しずかちゃんが活躍します。
こちらもラストのしずかちゃんとバギーのやり取りに感動します。

③ のび太と鉄人兵団

地球侵略を企む鉄人兵団の仲間のスパイロボットのリルルは、のび太たちに近寄ってきます。
もちろんリルルは敵ですが、のび太やしずかちゃんたちの優しさで考え方が変わっていきます。
リルルの最後の行動に涙なくしてはみれません!

④ のび太の日本誕生

遊ぶ土地がないなら何万年か前の何もない時代に行って遊ぼうと、タイムマシンで7万年前に出発します。
しかし、土地は広くても今度は別の問題が出てきて大変という現代と通じる何かを感じさせます。
敵のギガゾンビやツチダマなどのインパクトが強くて印象的でした。

⑤ のび太とアニマル惑星

可愛い動物がたくさん出てきますが、この作品は自然を大切にしないと大変な事になると伝えています。
大人は色々考えさせられるお話です。

⑥ のび太と雲の王国

この映画も森林伐採の動物に与える影響など、環境問題や自然の大切さ、人間の愚かさを考えさせられるお話です。
でも、雲の上に王国を作って生活したり、もちろん楽しく夢があります。

⑦ のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)

この映画に登場するサピオくんは、自分で歩くことができず機械の力をかりて生活しています。
歩けなくなった原因は、人間が楽をするためにロボットの力に頼りすぎたせいです。
AIなどこれからの生活でどう付き合っていけばよいか考えさせられます。

⑧ のび太と夢幻三剣士

夢の中で戦うお話ですが、全作品の中でも敵のキャラクターが1番怖いです。
私は本当に夢にでてきて怖かったので、小さい子たち大丈夫かなと心配になります。

⑨ のび太とロボット王国(キングダム)

ロボットのおかげで人間が快適に生活していましたが、ロボットたちが反乱を起こします。
これから、現実の世界でもおこりそうなお話です。

⑩ のび太と緑の巨人伝

重要な役割で登場するキー坊は単行本に単発で登場しているキャラクターです。
漫画を購入していた方は懐かしがりながら、映画も楽しめそうです。

こんなにあるの!?歴代ドラえもん映画の一覧まとめてみた

では、歴代ドラえもん映画はどれくらい上映されているのでしょうか?
実はドラえもんの映画は1980年から始まっています。

そして、ほぼ毎年1本ずつ公開されています。
公開年が古いものから見てみましょう。

1980年 のび太の恐竜
1981年 のび太の宇宙開拓史
1982年 のび太の大魔境
1983年 のび太の海底鬼岩城
1984年 のび太の魔界大冒険

1985年 のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)
1986年 のび太と鉄人兵団
1987年 のび太と竜の騎士
1988年 のび太のパラレル西遊記
1989年 のび太の日本誕生

1990年 のび太とアニマル惑星(プラネット)
1991年 のび太のドラビアンナイト
1992年 のび太と雲の王国
1993年 のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)
1994年 のび太と夢幻三剣士

1995年 のび太の創世日記
1996年 のび太の銀河超特急(エクスプレス)
1997年 のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記
1998年 のび太の南海大冒険
1999年 のび太の宇宙漂流記

2000年 のび太の太陽王伝説
2001年 のび太と翼の勇者たち
2002年 のび太とロボット王国(キングダム)
2003年 のび太とふしぎ風使い
2004年 のび太のワンニャン時空伝

2005年(声優陣が交代した年なので映画の公開はなかったようです)
2006年 のび太の恐竜2006
2007年 のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~
2008年 のび太と緑の巨人伝
2009年 新・のび太の宇宙開拓史

2010年 のび太の人魚大海戦
2011年 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~
2012年 のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~
2013年 のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)
2014年 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~

2015年 のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
2016年 新・のび太の日本誕生
2017年 のび太の南極カチコチ大冒険
2018年 のび太の宝島
2019年 のび太の月面探査記

現在まで39作品!!
2005年以外は毎年公開されています。あなたも小さい時に観た作品があったのではないでしょうか。

また、2005年に声優陣が変わってからリメイクされた映画には『新』がついています。リメイクなので全く同じ内容という訳ではありません。
「ここはこんなふうに変わったんだな」
「ここの部分がよかったのになんでなくなってるんだ」
などと、比較してみるとまた楽しいかもしれません。

本編と併せて楽しみたい!ドラえもん映画の主題歌はコレ!

ドラえもんの映画は本編はもちろん、主題歌も見逃せません。
名曲がたくさんそろっていて、どの曲もストーリーやドラえもんの世界観にぴったりで映画を盛り上げてくれます。

意外な芸能人が主題歌を担当していることもあります。
たくさんいる中から、今回は一部紹介したいと思います。

映画の主題歌は最近では星野源さんや秦基博さんなど、旬な歌手の方が歌っています。

しかし、1980年代には小泉今日子さん、1990年代には矢沢永吉さんなど、ドラえもんから想像できない人が歌っていることもあります。

また、2000年代には島谷ひとみさんやmiwaさんなどの女性アーティスト、BUMP OF CHIKENなどのバンドまで幅広いです。

そして、ドラえもん映画の主題歌と言えば武田鉄矢さん、海援隊です。
実は担当した数でいえば、圧倒的に1位なんですよ。

好きなアーティストが主題歌を歌っている映画を観るのもおすすめですね。

まとめ

いかがでしたか?
40年に渡り今も上映されているドラえもん映画。人気のすごさがうかがえますね。

今回は大人も楽しめるドラえもんの映画と、主題歌について紹介しました。
今までみたことがない映画をみたくなりましたか?

小さい時にみた映画をもう一度みてみると、違った視点で楽しめるかもしれません。
映画をみる機会がありましたら、主題歌を誰が歌っているのかも考えてみるといいかもしれません。

深く考えさせられるテーマも多く、大人が観ても見ごたえ十分な映画ばかりです。
ぜひお気に入りの作品を見つけてドラえもんの世界を楽しんでください。