一生の記念にしたい!七五三の写真はいつ撮るのがベストかしら?

子育て

七五三のお参りは数え年?満年齢?

今年の4月、小学校に入学した姪っ子の七五三のお祝いをするからと11月の予定を聞いてきた姉。
姪っ子は3月で6歳になったのだけれど、女の子の七五三は満7歳でお祝いするんじゃなかったかしら。

七五三は数え年でするのかな?満年齢でするのかな?
我が家の長男も七五三を迎える時がくるから、七五三について調べて保存しておこう。

子供の成長をお祝いする七五三は、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳にお祝いをします。
昔は数え年で七五三を祝うことがほとんどでしたが、現在では数え年はもちろん、満年齢で祝ってもよいとされています。

赤ちゃんの頃のあどけなさが残っているうちに七五三のお祝いをして写真に残したい時は数え年でもよいし、普段気慣れていない着物を着ての参拝や写真撮影は子供が疲れてぐずってしまうこともあるかもしれないから心配な時は、満年齢の3歳になってからのお祝いでよい。

姪っ子が満3歳の時に七五三をしたのは、ぐずったり疲れたりするからだったのね。
今回は、数え年の6歳だけど、姪っ子本人も着物を着たいって楽しみにしているし11月にお祝いすることにしたのね。

我が家の長男の七五三も、数え年で3歳のお参りは負担だろうから、満年齢の3歳になってお祝いすることにしようかしら。

七五三の撮影時期はいつがベスト?

七五三は1年中キャンペーンをやっている。
お参りの時期に合わせて時期を考えたら、前撮り・当日撮影・後撮りがベストということ。

前撮りは早い写真館では5月から始まって、9月半ばぐらいまでがキャンペーン対象になっている。
前撮りは期間が長いので予約調整もしやすくて、子供の体調が悪くなった時も延期しやすいメリットがある。

当日撮影は、撮影もお参りも一度ですませられるし、おじいちゃんやおばあちゃんも集まりやすくて家族写真も撮影しやすい。
写真館の改まった雰囲気とは違って、自然な表情が撮影できるメリットがある。

後撮りは同じ時期に撮影をする他の家族が少ないので、衣装が選びやすく土日でもゆっくり撮影できるメリットがある。
注意点は、写真が年内にもらえないかもしれないこと。

七五三の写真はプロに任せよう!スタジオで自然な笑顔

七五三の写真を撮影してくれるスタジオってどんなところがあるのかな。
調べてみると、個人写真館・大型チェーンスタジオ・出張野外撮影がある。
それぞれに長所と短所があるから家族の希望に合わせて選んでいくのがいい。

撮影の流れとして、大型チェーン写真スタジオの場合、衣装は、撮影当日来店して、500着近い衣装から好みのものを着て選んでいい。持ち込みの衣装でも撮影可能。

お気に入りの衣装が見つかったら専属の係りの方が着付けとヘアセットもしてくれる。

着替えが終わって撮影になると、いつもと違う衣装や雰囲気に子供たちは緊張しそうだけれど、見振り手ぶりを交えた楽しいトークで、子供たちを最高の笑顔にしてくれるスマイルマイスターがいてくれる。

なるべく安くすませたい!七五三写真の相場はどれくらい?

個人写真館

個人写真館の場合、衣装レンタルなしで、3万円~5万円程度が相場。
衣装レンタルと着付け・ヘアメイクがセットになると、7万円程度みておく。
個人写真館ならではのきめ細かなサービスや温かみのある写真撮影が可能。
自宅近くの写真館で撮影したいという方におすすめ。

大手チェーン写真スタジオ

大手チェーン写真スタジオの場合、撮影した写真をアルバムやプリント写真として購入することが前提となっており、撮影料が安い代わりにアルバムやプリント写真などの料金が高めに設定されている。
8ページに12カットの写真が入ったアルバム1冊が3万円~5万円が相場。
嬉しいのは衣装が着替え放題で和装、洋装だけでなく、色違いや背景違いのパターンで撮影することが出来て楽しい撮影になる。
撮影のバリエーションが非常に豊富なため、購入したい写真の数が多くなって写真代とアルバム代で10万円を超えてしまうこともある。
写真をもらえるのは購入した写真のみで別途データ代がかかる。

出張カメラマン

出張カメラマンに依頼する場合「撮影料+出張費」の料金が提示される。
スタジオではなく参拝当日や前撮りでのロケーション撮影など、希望の場所に来てもらえる。
撮影料にはデータ料が含まれていて、すべての撮影データがもらえる。
一般的に2万円~4万円の撮影料に1~2時間撮影費・データ料金などが含まれている。
印刷した写真を希望する場合、別途料金がかかる場合が多いので、現像希望の場合はサイズごとの料金を聞いておく。
自分でアルバムを作りたい、すべての写真がほしい時は写真館や大手スタジオで印刷してもらうより安くできるかもしれない。

まとめ

まだまだ先のことだけど、七五三の撮影が楽しみになってきました。
両親も私達姉妹の成長を楽しみに、たくさんの写真を撮って思い出として記録してくれていたんだな。

子供を授かって親になり、改めて両親への感謝が溢れてきます。
子育ては思い出作り。
毎日の子供との時間を楽しく過ごしていきたいと思います。